明治27年から昭和47年に閉山するまでの80年間でなんと金、約40t、銀、約160tを産出し、

東洋一の黄金郷と謳われました。約800mの坑道に今も残る夢の跡をたどってみましょう。

 

驚異の地底「深」体験。
最新のLEDライトアップやグラフィックで、鯛生金山の魅力がパワーアップ!
当時の情報をダイナミックに再現し、ライブな演出で迫ります。
わかりやすいゾーニングや詳しい解説により、近代化遺産としての実像がよみがえります。

 

 

 


バッテリー機関車と鉱車
水平坑道では金鉱石を満載した鉱車を連結して。バッテリー機関車が立坑プラットまで運びました。

海抜0mまで達する立坑

510mの立坑の中は上からのぞいて見る事ができ、明るくライトアップされてその深さを実感できます。
エレベーター巻上機

地下17階からわずか1分半ほどでエレベーターを引き上げることができました。

コールピックでの作業

上向き穿孔

金山初期の様子

機械導入前の様子


幻想的なイルミネーションで飾られた坑道は、ロマンティックな世界を演出してくれます。

パネルによる説明。

金運UPの黄金の鯛


googleストリートビューでも坑道内をご覧いただけます。